腸脛靭帯炎

  • 走ると膝の外側が痛い(軽く駆け足でもキツイ)
  • しゃがみ込むと膝の外側が痛い(和式便所に座れない)
  • 膝が痛いことで趣味のマラソンを楽しめない
  • 痛いのにレントゲン、MRIを撮っても骨には何も異常がない
  • 過去に痛みが出て治ったはずなのに、最近また同じ痛みが出現した
  • 今は痛くないが、また過去の膝痛が再発しそうで不安がある

「何もできない」から「大丈夫!何でも出来る」という自信が出てきました。

河合美雪さん 60代 女性

歩けない、階段が下れない、精神的にまいっていた状態で伺いました。
病院で検査をしても改善されないだろうと落ち込んでいた私に友人が紹介してくれて施術を受けました。
問診の段階で気が楽になり、何とも不思議な感じがしたのを覚えています。
毎回とてもリラックスできて、全身がほぐれていくだけでなく、心が楽になっていきました。
順調に楽になり、「何もできない」から「大丈夫!何でも出来る」という自信が出てきました。
紹介してくれた友人に感謝!先生の施術は素晴らしいと思います。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腸脛靭帯炎とは

腸脛靭帯炎は文字通りその腸脛靭帯と呼ばれる靭帯の炎症です。
腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)とは、大腿広筋膜とも呼ばれ、太ももの外側をおおっている長い靭帯のことをいいます。この靭帯には膝の外側の安定性を保つ役割があります。

ランニングをする方に多く発生する膝の疾患で、ランナー膝とも呼ばれ、マラソンを趣味でされる方は耳にされたこともあると思います。

腸脛靭帯は膝を伸ばした時は大腿骨の前方に、曲げた時は後方に移動します。
この移動の際に、大腿骨外顆という骨の外側の出っ張った部分にぶつかったりこすれたりします。
膝の屈伸をするたびに摩擦が生じるため、その回数が増えると炎症が発生します。

つまり「長距離の移動(歩行)」「長時間の運動」「急に膝の曲げ伸ばしをたくさん行う」などで腸脛靭帯にストレスがかかり腸脛靭帯炎になってしまうのです。

なぜ腸脛靭帯炎になるのか?どうすればいいの?

一般的には、「足の筋肉の柔軟性の低下」と「オーバーユース(使いすぎ)」が原因となって腸脛靭帯炎になると考えられています。定期的なストレッチ、運動前の準備運動、運動後のクールダウン、これらをしっかり行うことが一般的な対処となります。手術することはごくまれで保存療法(安静にする事)が第一優先になります。

安静にしていれば痛みは引くはずなのに、、

しかしストレッチやマッサージをして筋肉をほぐし、柔軟性アップに努めていた。大好きなマラソンも制限して足を安静に休めることを優先した。なのに

やっぱり前みたいに長い距離が走れない、走った後はやっぱり痛い」とか

日常生活の痛みはなくなったのに、走った時だけ痛い」とか

良くなったから再開していたが、昔の痛みが最近ぶり返してきた」などの

『限定されたシチュエーションにのみ痛みや悩みが残る』という相談で当院に来院される方は多いです。

痛みは確かに軽減した。膝の動きも良くなっている。体重をかけても痛くない。もちろんレントゲンなどの検査では問題ない。それなのに痛みがなくならないのはなぜ??

それは「一般的な対処だけでは【腸脛靭帯炎は治りきるのに時間がかかる】からです。」

どういうことか詳しく解説します!

本当に痛みのその場所に問題があるのでしょうか?

そもそも筋肉が動いたり、関節が動くには「神経の働き」と「体液の循環」が必ず関係します。

つまり体が動くのには「神経の伝達がきちんと行われていること」「内臓の機能が正常で循環が体全体に行き渡っていること」が必須条件になります。また体に異常が起きた時に正常な状態に戻してくれる「自律神経」が乱れると、神経伝達や体液循環が上手く働かず、体が正常に動かなくなります。すると、そのしわ寄せとして筋肉が硬くなり、関節や靭帯の動きに制限がでます。そんな体の状態で長距離を歩いたり、長時間の運動をしたり、膝の曲げ伸ばしをたくさんしたりすると、体はすぐに悲鳴を上げてしまいます!整った状態で動くのか、それとも乱れたまま動くのかでは、体の消費するエネルギーの効率も変わってくるのでオーバーユースになるのかどうかはこの自律神経の問題が大きく関わります。

また自律神経が乱れると体の回復力や治癒力も衰えるので、治ったはずなのにまた痛みがぶり返すという事も起こってきます。

あなたの身体の不調の原因は自律神経、内臓機能にあるかも しれません

自律神経は身体のあらゆる機能を司っている神経です。 この自律神経が乱れると、本来、身体に異常があったときに正常に戻そうとする力が働きますが、その力がしっかり発揮せず、不調な身体のままになってしまいます。

バランスがとれて免疫力アUP

さらに内臓に疲労が溜まることで内臓が下がり、その状態に合わせようとして体がゆがんでしまいます。

内蔵労力で下がってくる、姿勢が歪む

自律神経の乱れと内臓疲労により姿勢がゆがんだ結果

内科系・内臓系の症状、整形外科的な症状

つまり、身体の歪みは原因ではなく、これも結果に過ぎないということです。 根本原因は自律神経のバランスと内臓疲労だったのです

では、ひろ整体院ではどういうことを行うの?

自律神経が乱れる要因は人それぞれです。仕事、家庭、対人のストレス、過去のトラウマなど、自分で気づいていることもあれば気づいていない出来事まで体のバランスを崩す要因になります。

そんな自律神経の調整を専門に行っているのが、ひろ整体院です。

自律神経を整え、内臓機能も正常に戻す独自の整体

まず、ひろ整体院では独自の検査法で「身体のゆがみ」「重心のズレ」「内臓機能」「自律神経バランス」をチェックし、あなたが腸脛靭帯炎になってしまった根本原因を特定します。
ひろ整体院では特にこの「検査」と「カウンセリング」を重要視しており、できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、そしてお身体をチェックします。
それはなぜか?というと、 この検査とカウンセリングをしっかりと行い原因を特定していないと検討違いの施術になってしまうからです。
原因さえ特定することができればその原因に対して、施術を行うだけです。

そして、4つのステップで腸脛靭帯炎を緩和させていきます

  1. 全身のゆがみを整え、内臓の位置も整える
  2. 内臓機能を引き上げる
  3. 自律神経のバランスを整える
  4. ストレスに対する対処法確立

その人の症状や原因によっていずれかのステップだけで緩和する場合もあります。
しっかり施術を行い、身体も自律神経も環境も全て含めて整うことで、あなたの身体は自然に治癒してくれます。
その上で、同じ痛みを繰り返さないために日常生活や運動時に気を付けることをアドバイスをさせていただくのでご安心ください。
もう腸脛靭帯炎の辛い痛みで足を動かせないなんて悩まないでください。
きちんと検査して根本原因を特定し、それらを適切に施術していけば痛みを気にすることなく走ったり運動に打ち込むことが出来る様になりますよ!

初めての方も安心いただける5つの理由

徹底して検査で原因と特定あなたの不調の原因を丁寧に説明します

自分の体の不調の原因がなんなんのか?知りたいですよね。
実は身体が不調なく過ごせるようになる上で、あなた自身が不調の原因を理解するということはすごく大切なことなんです。

当院ではこれでもかってくらい細かなカウンセリングと検査で原因とつきとめ、今の症状がなぜ起こっているのか、丁寧に説明させていただきます。

ボキボキするようなことはせずソフトな整体だから痛くない・怖くない

整体って聞くと、ボキボキするんでしょ?ってよく言われます。
ボキボキ骨をならされたら怖いですよね。
音をならすのと身体が整うようになるのには何にも関係がありません。むしろ強い刺激は身体を緊張させるので逆効果、ソフトな整体の方が身体は変わっていくんですよ。

「本当にそんなソフトな施術で変化するの?」

そんな疑問にお応えするために当院の施術の一例を動画にしましたのでご覧ください

当院の施術の一例

徹底的に「あなたの辛い症状が良くなる ため」を重視したオーダーメイド施術

「今まで行ってた整骨院では患部をマッサージして電気を当てるだけだった」 なんてことをよく聞きます。
今あなたの痛みや不調を生み出している原因は他の方と同じなんてことはあり得ません。

どれだけ症状が同じでも、仕事も違い、生活習慣も違い、クセも違います。 なのに原因が同じだとして、マッサージをして電気を当てる。これでは良くなるはずがありません。

ひろ整体院では整える順序などはありますが、冒頭でもお伝えしている通り、どれだけ似た痛みや不調でもその原因は本当に人それぞれなので、もちろんやることはそれぞれ変わります。

また、同じ人でもその時の状態によってもやることは変わる場合があります。

全ては「あなたが良くなるために・・・」を大前提とし、あなたに合わせたオーダーメイドの施術を行います。

整形外科や内科とも連携している珍しい整体院

整体院で病院と連携しているところなんて、ほとんどないのではないしょうか?

西洋医学の病院と東洋医学の整体では水と油のような関係のことが多いです。

ですが実際には検査をして見て、レントゲンをとった方がいいケースが、内臓疾患の疑いがある場合など、先に病院にいってもらった方が良い場合もあります。

当院では整体院と病院が密に連携をとれる状態を作っているので、必要な場合には紹介状を書き、病院で検査を行なっていただくこともできます。

オルソグループのホームページはコチラ

「自分に合うか不安だな・・・」初回は特別料金で施術を行います

このページの説明を見ていても「本当に良くなるのか?」という疑問や
「良いのは分かったけど、自分に合うかどうかわからない」という不安もあるかと思います。

当院は少しでもそういった不安を抱える人のためにホームページでのご予約の方限定で初回割引制度というものを設けております。

まずは一度当院の施術を体感してみてください。
きっとあなたのお悩みや抱えている問題の手助けや、解決への道しるべになれると思います。

スポーツ整形外科ひろクリニック 医療法人 友広会 理事長 鞆 浩康 医師

私は整形外科医として、患者さんが痛みを訴えた場合、痛みの除去だけではなく、その原因を探り、再発しないように心がけて診させていただいています。

痛みの原因を探ると、その多くは、痛みが出ている場所にはなく、癖による身体の歪みや、重心の崩れから、負担が一か所に集中する事から起きています。

ひろ整体院は、「なぜそのように身体のバランスが崩れてしまったのか?」という原因を探り出し、しっかりと分かりやすく説明してくれます。

何年も同じ症状で困っていて、どこに行ってもよくならないという悩みをお持ちの方は是非、ひろ整体院に相談してみてください。きっと満足してもらえると思います。

ご予約の流れ

お電話ありがとうございます。ひろ整体院天五院です。

○○に悩んでいるのですが 見てもらえますか?

はい、大丈夫ですよ。ご都合の良い日をお聞かせいただけますか?

というような流れでご予約いただきます。まずはお気軽にお電話ください。

  • ネット予約について
  • LINE予約について

完全予約制にしている理由

当院は初回にお話を聞く時間とってその方の症状をしっかり把握し、検査に時間をかけることに重点を置いております。
これは当院の症状の原因に対する考え方に基づき、初回のお話を聞く時間が何より重要と考えているからです。

その為、初回は約一時間ほどお時間を頂いております。またそういった理由もあり皆さんのお時間を1分たりとも無駄にしないために、当院は完全予約制をとらせていただいております。

「病院で異常なしと言われたんですが・・・」「こんな症状はみてもらえますか?」「誰にも言えない不安・・とにかく話を聞いてほしい」「もう10年以上肩こりなんですけど・・・」

まずはお電話でご相談ください 電話06-6371-5678

天神橋筋六丁目駅徒歩2分 ひろ整体院天五院

住所
〒530-0022 大阪市北区浪花町8-14 アトレ・ナニワ 2階
アクセス
JR環状線天満駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6371-5678

受付時間:12:00〜21:00(土曜日は9:00〜18:00)

休診:日曜、祝日、第4水曜

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

△土曜日は9:00〜18:00です。