バネ指

手術まで考えていたバネ指が今では気にならなくなり、脚も腰も内臓も調子良く過ごしています

私は8か月前に当院にお世話になりました仕事での疲労がたまって体のあちこちが悲鳴をあげており

バネ指も手術まで考えておりました。

脚や膝にも故障が出ておりしんどい状態でしたが、3~4ヶ月頃になるとだいぶ回復してきました。

現在はバネ指も気にならなくなり、脚も腰も内臓も調子良く日々過ごしております。

身体がとても軽くなしました

先生にはとても感謝しております。

又、当院を紹介して下さった知人にも感謝しております。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

この方は今ではすっかり良くなりましたが、当院に来られる前まで、バネ指に悩み手術を受けるか悩んでいました。

  • 通院して痛み止めを打ってもらっても痛みが続いている
  • 包丁を握ったりするだけで痛みがひどい
  • あまり使わないようにしているのに1ヶ月以上改善が見られない
  • マッサージをしたら少しましになるがやっぱり痛い
  • 手術をすすめられるけどできれば手術はしたくない

このような事でお悩みの方は是非当院におまかせください。

バネ指でお悩みの方は日常生活に支障をきたしたり、多くの場面で不快な思いをしている方がほとんどです。

当院に来られている患者様も来られる前までは同じように悩まれていた方ばかりです。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

バネ指(狭窄性腱鞘炎)とは

指の腱鞘炎がバネ指です。

指を曲げた後に指が伸びなくなって曲がったままになり、伸ばそうとするとカクンと急にバネのように戻ります。

この状態はばね指の初期に特徴的な症状で、さらに進行していくと指が戻らなくなり無理に伸ばすと激痛をともなうようになります。親指に多く、次いで中指や薬指にもみられ、とくに中年女性に多いともいわれています。

 

原因としては、『指先や腕の使いすぎ』と言われていますが

30〜50代女性は産前産後、更年期障害などのホルモンバランスが乱れる事によって症状が起きる事もあります。

また高齢になると筋肉の衰えから発症する事もあります。

一般的な治療法は

超音波や低周波による温熱治療や、運動療法、テーピング治療

注射や電気、ひどい場合手術などを提案される場合もあります。

 

 

普通に日常生活を送っていただけなのにいつの間にかこんな状態になってしまったという人は以外と多いです。

 

では何が原因でバネ指になってしまうのでしょうか?

 

 

ばね指になってしまう本当の原因とは

  • 使い過ぎによるもの

(最近ではパソコンやスマートホンの使いすぎでもなる方もいます。)

 

  • 内臓機能が低下し体液循環が悪くなっている。
  • 自律神経の乱れによるホルモンバランスの崩れ

 

 

病院で注射を打ってとりあえず炎症を抑え、しばらく安静にする。体内のバランスが崩れていない方は、これで症状は緩和します。

 

上記にも書いてある体液循環、(内臓機能低下)のある方や自律神経の乱れからのホルモンバランスの崩れにより、本来ある自然治癒力が低下している可能性高いです。

 

その場合長期間通院していてもなかなか改善せずに最悪の場合は手術を提案される事もあります。

なぜ当院の治療を受けるとなかなか改善しなかったバネ指が良くなるのか?

先ほどもお伝えしましたが、ばね指の症状を改善する大きなポイントは

  • 歪みを整え体液循環を良くする
  • 内臓を調整する事で内臓疲労を整える
  • 自律神経を調整しホルモンバランスを整える

という3つが必要になってきます。

 

特に安静にしていれば良くなっている人はいいですが、なかなか症状が改善しないという人はこの3つの原因がある場合が多いです。

 

 

まず、ひろ整体院では独自の検査法で「身体のゆがみ」「重心のズレ」「内臓機能」「自律神経バランス」をチェックし、あなたの辛いバネ指を引き起こす根本原因を特定します。

ひろ整体院では特にこの「検査」と「問診」を重要視しており、できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、そしてお身体をチェックします

それなぜか? この検査と問診をしっかりと行い原因を特定していないと検討違いの施術になってしまうからです。 原因さえ特定することができればその原因に対して、施術を行うだけです。

 

原因さえ理解していれば、ご自身でも安静にするだけでなく今身体に必要な事、日常生活で気をつけるべき点などをしっかり選択し行動に移せます。

 

当院ではバネ指に対して4つアプローチで改善します

  • 肩や肘、手首、指の関節周りを整える
  • 全身のゆがみを整え内臓の位置も整える
  • 内臓機能を引き上げる
  • 自律神経のバランスを整える

すべての人にあったケアの方法というものは存在しません。

その時にまた同じような負担がかかって再発してしまわないようにきちんとあなたにあったアドバイスをします。

年齢によってもケアの方法は変わりますし、職業によっても変わってきます。

当院ではあなたの状態や症状を見て、あなたにあったケアの方法を提案していきます。

そうすることによって根本施術と相乗効果で改善が早くなっていくのです。

3.食事の指導をうけていない

 

きちんと検査して根本原因を特定し、それらを適切に治療していけばきっとよくなります。

 

初めての方も安心いただける5つの理由

徹底して検査で原因と特定あなたの不調の原因を丁寧に説明します

自分の体の不調の原因がなんなんのか?知りたいですよね。
実は身体が改善する上であなた自身が不調の原因を理解するということはすごく大切なことなんです。

当院ではこれでもかってくらい細かな問診と検査で原因とつきとめ、今の症状がなぜ起こっているのか、丁寧に説明させていただきます。

ボキボキするようなことはせずソフトな整体だから痛くない・怖くない

整体って聞くと、ボキボキするんでしょ?ってよく言われます。
ボキボキ骨をならされたら怖いですよね。
音をならすのと身体が改善するのは何にも関係がありません。むしろ強い刺激は身体を緊張させるので逆効果、ソフトな整体の方が身体は変わっていくんですよ。

「本当にそんなソフトな施術で変化するの?」

そんな疑問にお応えするために当院の施術の一例を動画にしましたのでご覧ください

当院の施術の一例

徹底的に「あなたの辛い症状が良くなる ため」を重視したオーダーメイド施術

「今まで行ってた整骨院では患部をマッサージして電気を当てるだけだった」 なんてことをよく聞きます。
今あなたの痛みや不調を生み出している原因は他の方と同じなんてことはあり得ません。

どれだけ症状が同じでも、仕事も違い、生活習慣も違い、クセも違います。 なのに原因が同じだとして、マッサージをして電気を当てる。これでは改善するはずがありません。

ひろ整体院では整える順序などはありますが、冒頭でもお伝えしている通り、どれだけ似た痛みや不調でもその原因は本当に人それぞれなので、もちろんやることはそれぞれ変わります。

また、同じ人でもその時の状態によってもやることは変わる場合があります。

全ては「あなたが良くなるために・・・」を大前提とし、あなたに合わせたオーダーメイドの施術を行います。

整形外科や内科とも連携している珍しい整体院

整体院で病院と連携しているところなんて、ほとんどないのではないしょうか?

西洋医学の病院と東洋医学の整体では水と油のような関係のことが多いです。

ですが実際には検査をして見て、レントゲンをとった方がいいケースが、内臓疾患の疑いがある場合など、先に病院にいってもらった方が良い場合もあります。

当院では整体院と病院が密に連携をとれる状態を作っているので、必要な場合には紹介状を書き、病院で検査を行なっていただくこともできます。

「自分に合うか不安だな・・・」初回は特別料金で施術を行います

このページの説明を見ていても「本当に良くなるのか?」という疑問や
「良いのは分かったけど、自分に合うかどうかわからない」という不安もあるかと思います。

当院は少しでもそういった不安を抱える人のためにホームページでのご予約の方限定で初回割引制度というものを設けております。

まずは一度当院の施術を体感してみてください。
きっとあなたのお悩みや抱えている問題の手助けや、解決への道しるべになれると思います。

ご予約の流れ

お電話ありがとうございます。ひろ整体院天五院です。

○○に悩んでいるのですが 見てもらえますか?

はい、大丈夫ですよ。ご都合の良い日をお聞かせいただけますか?

というような流れでご予約いただきます。まずはお気軽にお電話ください。

  • ネット予約について
  • LINE予約について

完全予約制にしている理由

当院は初回の問診で患者さんの症状をしっかり把握し、検査に時間をかけることに重点を置いております。
これは当院の症状の原因に対する考え方に基づき、初回の問診が何より重要と考えているからです。

その為、初回は約一時間ほどお時間を頂いております。またそういった理由もあり患者さんのお時間を1分たりとも無駄にしないために、当院は完全予約制をとらせていただいております。

ホームページ特典

天神橋筋六丁目駅徒歩2分 ひろ整体院天五院

住所
〒530-0022 大阪市北区浪花町8-14 アトレ・ナニワ 2階
アクセス
JR環状線天満駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6371-5678

受付時間:12:00〜21:00(土曜日は9:00〜18:00)

休診:日曜、祝日、第4水曜

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

△土曜日は9:00〜18:00です。

「病院で異常なしと言われたんですが・・・」「こんな症状はみてもらえますか?」「誰にも言えない不安・・とにかく話を聞いてほしい」「もう10年以上肩こりなんですけど・・・」

まずはお電話でご相談ください 電話06-6371-5678