PMS

自分でも思い出せない程の心のトラウマまで治してくださり、回をおうごとに体が元気になりました!

東原恵子さん 40代 女性

初めて味わう顎の痛み、のどの不快感、何かおそろしい病気かと心も不安になってました。
一回目で体と心が軽くなり、かぜや胃痛、自分でも思い出せない程の心のトラウマまで治してくださり、回をおうごとに体が元気になりました!
原因が意外と患部でなかったり、食事の面のご指導まで本当にありがとうございました。
季節で体調を崩すのでその時は又よろしくお願いします。
感謝、感謝です。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

PMSとは?

PMS(月経前症候群)は “Premenstrual Syndrome”という英語の略称です。
月経(生理)の3~10日位前から起こるキモチやカラダの不調で、月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていくものです。
多くの女性が月経(生理)の前になんらかのPMSの症状を抱えていると言われています。
症状としては、大きく分けて身体的症状精神的症状に分けられます。

身体的症状

  • 頭痛、動悸、めまい
  • 胸の張り、お腹の張り
  • 腰の痛み
  • 便秘

精神的症状

  • 無気力、うつ症状
  • イラつき
  • 集中力の低下
  • 喜怒哀楽が激しくなる

このように、PMSの症状は個人個人で様々な形で出現してきますし、原因も様々な事が考えられます。

女性ホルモンのアンバランス

女性の月経周期と子宮内膜周期をコントロールしているエストロゲンプロジェステロンという性ホルモンのバランスの乱れがさまざまな症状を引き起こすします。
2つのホルモンは脳によりコントロールされ、お互いがバランスを保っていますが、何らかの原因によりどちらかのホルモンが増えすぎたり、少なすぎたりすると問題を生じます。
傾向としては、「エストロゲン過多ープロジェステロン減少」が増えてきています。
エストロゲンの材料がプロジェステロンですから、エストロゲンが増えるとプロジェステロンは減少します。
ハッピーホルモンと呼ばれているプロジェステロンには副作用も認められていません。
妊娠中PMSがなくなることからエストロゲンを増えすぎないようにし、プロジェステロンを増加させることで改善がみこまれます。

エストロゲンの働きとは?

  • 乳房、性器、皮下脂肪の発達(女性らしさ)
  • 卵子を育てる
  • 子宮内膜の増殖
  • お肌の新陳代謝促進

プロジェステロンの働きとは?

  • 子宮内膜を栄養し着床しやすくする
  • 体温を上げる
  • 抗うつ作用 、甲状腺ホルモンのサポート
  • 血糖値コントロール
  • 妊娠の維持
  • 排卵抑制

また、エストロゲンが増加する因子として考えられるのは
心理的ストレス
肉体的ストレス
環境ホルモン食品添加物農薬界面活性剤など
喫煙飲酒カフェイン
エストロゲン補充療法ピルの長期使用
など様々な問題でエストロゲンが増加傾向にあります。

低血糖

生理前に起こりやすく、特に生理前に食欲が増えたり、甘いものをほっする人は注意が必要です。
比較的若い年代に多く見られるタイプです。
精製糖、炭水化物の取りすぎによる血糖値の急上昇の反動で急激な低血糖「反応性低血糖がおこり、その結果さまざまな器官や内臓にに負担がかかり症状を起こします。
 

脳内ホルモン「セロトニン」の不足

女性ホルモンのバランスが乱れると体内の亜鉛のバランスが崩れ、亜鉛が低下します。
亜鉛不足の結果「セロトニン」「ドーパミン」の合成が低下し、うつ症状をひこ起こすともされています。
低血糖や、ストレスにより副腎から「アドレナリン」「コルチゾール」が大量に分泌されると、同じように「セロトニン」「ドーパミン」の低下が起こります。

ではなぜ、ひろ整体院の整体であなたのPMSに対応することができるのか?

自律神経を整え、内臓機能やホルモンバランスを正常に戻す独自の整体だからです

まず、ひろ整体院では独自の検査法で「身体のゆがみ」「重心のズレ」「内臓機能」「自律神経バランス」をチェックし、あなたの辛いPMSを引き起こす根本原因を特定します。
ひろ整体院では特にこの「検査」と「問診」を重要視しており、できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、そしてお身体をチェックします。
それはなぜか?というと、 この検査と問診をしっかりと行い原因を特定していないと検討違いの施術になってしまうからです。
原因さえ特定することができればその原因に対して、施術を行うだけです。

そして、4つのステップでPMSを改善します

  • 全身のゆがみを整え、内臓の位置も整える
  • 内臓機能を引き上げる
  • 自律神経のバランスを整える
  • ストレスに対する対処法確立

その人の症状や原因によっていずれかのステップだけで改善する場合もあります。
しっかり改善を行い、身体も自律神経も環境も全て含めて整うことで、あなたの身体は自然に改善してくれます。
その上で、また同じような症状が再発しないようにアドバイスをさせていただくのでご安心ください。
一度、自律神経が乱れるともう良くならないとか症状を抑えるために薬を飲み続けていくしかないなどとお医者さんに言われたというようなことを聞いたことがあります。
そのようなことは決してありません!
もうPMSの辛い症状で悩まないでください。
きちんと検査して根本原因を特定し、それらを適切に施術して、うまくストレスと向き合っていければきっとよくなります

初めての方も安心いただける5つの理由

徹底して検査で原因と特定あなたの不調の原因を丁寧に説明します

自分の体の不調の原因がなんなんのか?知りたいですよね。
実は身体が改善する上であなた自身が不調の原因を理解するということはすごく大切なことなんです。

当院ではこれでもかってくらい細かな問診と検査で原因とつきとめ、今の症状がなぜ起こっているのか、丁寧に説明させていただきます。

ボキボキするようなことはせずソフトな整体だから痛くない・怖くない

整体って聞くと、ボキボキするんでしょ?ってよく言われます。
ボキボキ骨をならされたら怖いですよね。
音をならすのと身体が改善するのは何にも関係がありません。むしろ強い刺激は身体を緊張させるので逆効果、ソフトな整体の方が身体は変わっていくんですよ。

「本当にそんなソフトな施術で変化するの?」

そんな疑問にお応えするために当院の施術の一例を動画にしましたのでご覧ください

当院の施術の一例

徹底的に「あなたの辛い症状が良くなる ため」を重視したオーダーメイド施術

「今まで行ってた整骨院では患部をマッサージして電気を当てるだけだった」 なんてことをよく聞きます。
今あなたの痛みや不調を生み出している原因は他の方と同じなんてことはあり得ません。

どれだけ症状が同じでも、仕事も違い、生活習慣も違い、クセも違います。 なのに原因が同じだとして、マッサージをして電気を当てる。これでは改善するはずがありません。

ひろ整体院では整える順序などはありますが、冒頭でもお伝えしている通り、どれだけ似た痛みや不調でもその原因は本当に人それぞれなので、もちろんやることはそれぞれ変わります。

また、同じ人でもその時の状態によってもやることは変わる場合があります。

全ては「あなたが良くなるために・・・」を大前提とし、あなたに合わせたオーダーメイドの施術を行います。

整形外科や内科とも連携している珍しい整体院

整体院で病院と連携しているところなんて、ほとんどないのではないしょうか?

西洋医学の病院と東洋医学の整体では水と油のような関係のことが多いです。

ですが実際には検査をして見て、レントゲンをとった方がいいケースが、内臓疾患の疑いがある場合など、先に病院にいってもらった方が良い場合もあります。

当院では整体院と病院が密に連携をとれる状態を作っているので、必要な場合には紹介状を書き、病院で検査を行なっていただくこともできます。

「自分に合うか不安だな・・・」初回は特別料金で施術を行います

このページの説明を見ていても「本当に良くなるのか?」という疑問や
「良いのは分かったけど、自分に合うかどうかわからない」という不安もあるかと思います。

当院は少しでもそういった不安を抱える人のためにホームページでのご予約の方限定で初回割引制度というものを設けております。

まずは一度当院の施術を体感してみてください。
きっとあなたのお悩みや抱えている問題の手助けや、解決への道しるべになれると思います。

ホームページ特典

ご予約の流れ

お電話ありがとうございます。ひろ整体院天五院です。

○○に悩んでいるのですが 見てもらえますか?

はい、大丈夫ですよ。ご都合の良い日をお聞かせいただけますか?

というような流れでご予約いただきます。まずはお気軽にお電話ください。

  • ネット予約について
  • LINE予約について

完全予約制にしている理由

当院は初回の問診で患者さんの症状をしっかり把握し、検査に時間をかけることに重点を置いております。
これは当院の症状の原因に対する考え方に基づき、初回の問診が何より重要と考えているからです。

その為、初回は約一時間ほどお時間を頂いております。またそういった理由もあり患者さんのお時間を1分たりとも無駄にしないために、当院は完全予約制をとらせていただいております。

天神橋筋六丁目駅徒歩2分 ひろ整体院天五院

住所
〒530-0022 大阪市北区浪花町8-14 アトレ・ナニワ 2階
アクセス
JR環状線天満駅から徒歩3分
TEL/FAX
06-6371-5678

受付時間:12:00〜21:00(土曜日は9:00〜18:00)

休診:日曜、祝日、第4水曜

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

△土曜日は9:00〜18:00です。