雨の日に頭痛が起こってたまらないひとへ!なぜ起こるの?対処法は?

 
WS000107
 
雨になると頭痛が出てくる。
頭痛がひどくなって薬を飲まなくてはやってられない。
そんな人は多いと思います。
中には頭痛薬を飲んでも効かないという人もいるかもしれませんね。
 
低気圧だから…
そう言われることがほとんどでしょうし、自分でも言っているのではないでしょうか?
でも、毎度分かっていても辛いですよね。
 
そんなあなたは少しでも疑問に思ったことがあると思います。
なぜ雨の日は頭痛が出てくるのか、強くなるのか。
その理由が分かれば対処方法が見つかるのではないか。

そんな疑問に鍼灸整体師がお答えしていこうと思います。

低気圧と体の関係

雨の日に頭痛が起こる。
この理由を知るためにはまず気圧と体の関係を知っておく必要があります。

 

気圧というのは気体の圧力のことを言います。
簡単に言うと、目に見えない空気が自分の体に対して一定の圧をかけている状態。それが気圧です。
その気圧に対して人間の体は、体の内側から気圧に押しつぶされないように同じような圧力だしてバランスを取れた状態にしています。

image0 (2)

 

 

では雨の日など低気圧になるとどうなるか。

体にかかる圧力は下がり、逆に体の内側から気圧に反発する圧力が強くなります。
今までのバランスが逆転した状態です。

image1

 

 

本来このような環境や状況になっても体は無意識に対応できるようにコントロールしてくれています。
しかし、低気圧に頭痛になりやすい人はこのコントロールが上手にできなくなっていることが考えられます。

低気圧になると頭痛になる3つに理由

低気圧になると頭痛になる理由は今まで多くの方を見てきた経験から3つの共通点があります。
もちろん体には個人差があるので全ての人に当てはまるわけではありませんが。

 

 

①自律神経のバランスがくずれている
②内臓が疲労している
③頭蓋骨が硬くなっている

①自律神経のバランスが崩れている

雨の冷や晴れの日など天気は日々移り変わります。
それぞれの状況でも体は対応しようと日々無意識の中でコントロールされています。

 

自分で「気圧が下がってきたから私の体の内側からの圧力を下げなくちゃ!」
なーんて考えたこともないと思いますし、そうしようって思ってもできませんよね?

 

こうやって自然に体の様々なコントロールをしてくれるのが自律神経です。
この自律神経がうまく働いてこないと様々な環境に体が対応しきれなくなってきます

②内臓が疲労している

自律神経は体の中、内臓の働きもコントロールしています。

 

これも例えると「ご飯を食べたから胃に消化してもらおーっと!」
なんて考えたこともなければ、できませんよね?
内臓も自律神経がコントロールしているんです。

 

その自律神経がうまく働かない場合、内臓も同様にうまく働かなくなってきていることが多いです。
そうなれば日々動いている内臓も働き手が減っているのでどんどん疲れが溜まっていきます。

 

体の中でどんどん悪循環が生まれてくることになるのです。

③頭蓋骨が硬くなっている

頭蓋骨が硬くなるってどういうこと?
って感じたかたもいるかもしれませんね。

 

頭蓋骨は1つの骨ではなくて23個ものパーツからなっています。
それぞれ肘とか膝みたいに関節になっています。(あそこまで動きませんが)

IMG_6577

 

 

 

これは頭を打ったりとかしたときの衝撃から脳を守るために受け流してくれるようになっています。
これは気圧の圧力に対しても同様に働きます。

 

しかし、脳に中枢がある自律神経が疲れてうまく働いていないと、体は「脳を守らないと!」と反応して頭蓋骨をギュッと緊張させます
そんな状況が続けば、頭蓋骨は硬くなっていきますし、頭がずっと緊張状態って頭痛出てきそうですよね。

 

もちろん、低気圧になって体内側からの圧力を逃すために頭蓋骨が硬くなっていれば毎度雨の日に頭痛が出てしまうことに納得できると思います。

雨の日の頭痛を治すためには

 

雨の日頭痛を治すためには、体のバランスを整えることが大事です。
バランスは姿勢のことではなくて、働きのバランスのこと。
それは普段の生活を見直すことが解決の糸口になります。

 

 

・3食バランスよくちゃんと噛んで食べているか?
・睡眠時間は確保できているか?
・水分はしっかりとれているか?
・外出して太陽の光をあびているか?

当たり前のことかもしれませんが、できていない人も多いと思います。
改めて見直してみてください。

 

 

 

エクササイズもお教えします。
手を頭の上に置いてください。
優しく置くようにしましょう。
その状態で深呼吸を繰り返します。

たったこれだけ。
呼吸をするたびに頭が膨らんだり縮んだりすること、動いていることを感じ取ってください

 

深呼吸は自律神経の1つ、副交感神経を刺激します。
副交感神経が働く寝る前にやるのがおすすめです!

 

毎日習慣のなかでやり続けるからこそ体は変化していきます。
先ほどの生活の見直しと一緒です。
即効性があるわけではありませんが、繰り返し行うことで体を少しずつ変えていくことができますよ!

最後に

 

kokyuu

 

雨の日に頭痛が出るのはなぜ?
というテーマで書いてきました。

 

頭痛は何もすることが起きないですし、とても辛いと思います。
この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

 

 

当院では上記のポイントに加え、あなたの体にどのようなトラブルが起きているのか。
頭の先から足の先まで検査して、内臓や自律神経のバランスなども整え、不安から解消できるよう優しく施術していきます。
自分だけでは難しい、本気でなんとかしたいと言う人は力になるかもしれません。
一度お気軽にご連絡ください。

ひろ整体院 井之内