長年腰痛で困っているあなた…水分不足ではありませんか?

 

水分

この記事を読んでいるあなた!
タイトルを見て自分のことかも?と気になったのではないでしょうか?

 

今までもたくさんの方の体を見させて頂きましたが、慢性的に水分不足の方が多い!
そして腰痛の方は水分不足が直接腰付近のストレスを与えることになる場合が多いので解説していこうと思います。

 

今の段階で「自分水分とってへんな〜」と思ったあなた!
ぜひお水を片手に記事を読んで行って頂ければと思います。

 

なぜ水分不足の方に腰痛が多いのか、メカニズムを知るとよりお身体が素直に変化してくれますよ!

なぜ水分不足に腰痛が多いのか?

 

体 水分

 

腰痛の前に人体の水分量は全体の6割〜7割とも言われます。
これらが枯渇してくると何かしら体には不調が出てきそうな気がしませんか?

 

では、なぜ水分不足の方に腰痛が多いのか?
理由は大きく分けて3つあります。

 

①体液循環が下がるから
②筋肉関節が滑らかに動きにくくなるから
③腎臓の緊張が起こるから

 

それぞれ詳しく解説していきますね!

①体液循環が下がるから

体液というのは血液、リンパ液、脳脊髄液の3つの液体のことを言います。

 

 

血液はご存知ですよね?
動脈血が酸素を細胞に送り届け、静脈血が二酸化炭素を排出するために肺のまで運びます。
体の水分量が減ると当然これら血液の流れは滞り、筋肉に酸素が運ばれにくくなります。当然二酸化炭素や老廃物は蓄積していくので、、筋肉はどんどん硬くなってしまいます。

 

もう1つ、脳脊髄液は脳と脊髄神経を守ったり、栄養を与えている液体なのですがこれらの産生量も減ることになります。
神経系に栄養が行き渡らないと、神経伝達が遅れたり、自律神経も乱れやすくなるので体の回復力は下がっていくことにつながっていくのです。

②筋肉関節が滑らかに動きにくくなるから

筋肉や関節は基本的に滑らかに動いてくれますよね?
錆びた自転車のチェーンみたいに引っかかりを感じるのは結構な症状になってからです。

 

これって筋肉表面や関節の周囲が水分で満たされ、滑りやすくしてくれているから。
逆に水分不足が進むと滑りが悪くなってきて、筋肉や関節の動きが悪くなっていきます

 

少しずつ少しずつ自転車の錆びたチェーンのように重さや引っかかりを感じるようになり慢性的な腰痛とつながるのです。

③腎臓の緊張が起こるから

腎臓は体の腰あたりに左右2つ存在する内臓です。
この腎臓は体の水分をろ過したり、おしっこを作ったりと体の水分代謝に関わる働きをしています。

 

水分不足が進むと腎臓の働きが落ちていき、硬くなってしまいます。

 

内臓や筋肉は膜でつながっていくので、腎臓の緊張は周囲の組織にも伝わっていきます。
特に腎臓は、腸腰筋という腰に関わる大事な筋肉の前側に位置しているので、腰痛につながりやすいことが言えます。

水分不足を防ぐ水分補給

 

水分

 

水分不足が腰痛に関係しやすいことは先ほどの説明でなんとなくでもわかってもらえましたか?
では、それらを解消するためにも、水分補給をしましょう!

 

と言えば話は簡単なんですが、当院に来られる方からは良く
「水分補給ってお水の方がいいんですか?」
「どれくらい飲めばいいですか?」
という質問をよくされます。

 

まず、水分補給の理想は「お水」です。
理由は不純物が少なくて内臓負担をかけないから。

 

でもお水が苦手という方もおられると思います。
その場合は炭酸水にしてもいいですし、お水にレモンを入れる(もしくはレモン液)を入れて飲みやすくしても良いとお伝えしています。
そしてお水にこだわりすぎなくてもお茶でも構いません。

 

ちなみに当院ではごぼう茶を初めてのご来院の方にお出ししたり、試飲できるように院内に置いています。
国産ノンカフェインで体に優しいというのもありますが、ごぼうの食物繊維効果で腸に刺激を与えることにもつながります。
特に大腸は水分吸収をする臓器でもあるので、水分補給には重要な臓器の1つなんですよ!

お茶の場合はこのようにノンカフェインだったり、体に優しいものを選ぶのがおすすめです。

 

さて次に量の問題です。
理想量を言うと、1日に1.5リットルや2リットルの水分補給が必要と言われていますが、これだけ飲み切るのって結構大変。
まずは普段取る水分量を増やすことの方が大事です。
水分を取ることが癖づけられるように手元にお水を置いたり、こまめに水分補給する癖をつけるところから始める方がストレスがかかりにくいかなと思います。

 

 

まずは水分補給する癖をつけることから始めましょう!

まとめ

腰痛の不意分不足の関係についてご紹介してきました。
腰痛に限らず、水分不足になっている方は多くて体の治癒力低下につながって場合が多いです。
頭痛やめまいなんかで悩んでいる方も多いです。
改めて日々の生活の中で水分不足になっていないか確認してみてくださいね!

 

当院では水分補給だけではまかないきれない腎臓の調整や体液循環を促す調整、内臓を支配する自律神経の調整など一人一人の体に合わせた施術を提供しています。
お困りの方は一度ご相談ください。