寝過ぎるとなぜか頭痛がしている!?そんな頭痛のタイプ別対処法とは?

当院の頭痛に対しての施術について詳しくはコチラ

平日はいつも、朝早くから夜遅くまで働いているので、

休日は疲労を回復する為、寝不足解消のためといって

ついつい過剰に睡眠時間をとってしまうことってありませんか?

 

頭痛は寝不足やストレスなどによっても引き起こされますが、寝過ぎによっても引き起こされることがあります。

 

~寝過ぎによる頭痛のメカニズム~

寝過ぎによる頭痛は片頭痛と筋緊張性頭痛の混合型の場合が多いです。

 

では寝過ぎによって頭痛が起こるときは、脳内でどのようなことが起こっているのでしょうか?

そのメカニズムを「片頭痛」と「筋緊張性頭痛」のタイプ別に分けて考えてみますね。

 

 片頭痛の場合

睡眠中は脳の活動が穏やかになり、脳が休息をとっている状態なので副交感神経の活動が優位になり脳の血管は拡張します。

しかし、寝過ぎることで脳の血管が必要以上に拡張し、周囲の三叉神経を圧迫してしまいます。

これが寝過ぎによる片頭痛です。

 

筋緊張性頭痛の場合

寝ている間に肩・首に負担がかかることが原因です。

眠っている間、首や肩の筋肉は寝がえりの時くらいにしか動きません。

そのため、眠りすぎると肩こりのような状態になってしまい、周りの血管が圧迫された結果頭痛が起きてしまうということになります。

 

首や肩に負担がかかってしまう原因の一つが「高すぎる枕」にあります。

何故かというと、それは首の後ろ側を引っ張ることになるからです。

 

 

~寝過ぎたときの頭痛の対処法~

寝過ぎたときの頭痛に対処する方法ですが、気をつけないといけないポイントがあります。

 

一度、片頭痛と筋緊張性頭痛で起きる原因を整理してみましょう。

 

片頭痛…血管が拡張しておこる。

 

筋緊張性頭痛…血管が圧迫されて起こる。

 

このように原因がそれぞれ異なることがわかります。

そのため、片頭痛に有効とされている対処法が、筋緊張性頭痛を悪化させてしまう可能性があります。またその逆も然りです。

 

 

例えばコーヒーを飲むとします。

そうするとコーヒーの中には、血管を収縮させる働きをもつカフェインが含まれている為、片頭痛には良しとされていますが筋緊張性頭痛には全くの逆効果となってしまいます。

 

それに対して、痛む部分をマッサージするのは筋緊張性頭痛には有効とされていますが、片頭痛に対しては、血管を余計に広げてしまうため痛みを増やすことになります。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

筋緊張型と片頭痛型で分けてみました。

 

まず片頭痛に関しては、こめかみ周辺の血管が拡張していることが原因ですので、血管を収縮させるためにこめかみを冷やします。

アイスノンを薄手のタオルで巻いて冷やすのが効果的です。

 

逆に筋緊張性頭痛をやわらげるには、首や肩を温めることが有効です。それまで収縮していた血管が広がるため、頭痛の軽減につながります。

 

先程もお伝えしたように、寝過ぎによる頭痛は筋緊張型と片頭痛型の混合が起こる場合が多いです。

そのため、こめかみは冷やし首肩は温める必要があります。

 

 

頭痛だけではなくその他の症状にも同じことがいえますが、症状として出てしまっている場合は身体の機能が破綻している状態になるので、一度専門機関に診てもらうことをおすすめします。

「肩こり専門」 ひろ整体院

06-6371-5678